1. トップページ >
  2. 講座紹介 >
  3. ICT技術活用講座(研究事例紹介2)

文字サイズ標準大きく

講座 - 詳細 -

平成29年度くまもと農業アカデミー各講座内容

コース

Ⅰ 最新栽培技術(県南校)

講座番号

33

講座名

ICT技術活用講座(研究事例紹介2)

定員

30名

開催日

平成30年1月30日(火)

申込締切日

平成30年1月22日(月)

開催時間

午後1時受付開始
午後1時30分から午後3時45分まで

開催場所
(会場名)

アグリシステム総合研究所
フードバレーアグリビジネスセンター 
2階 産学行政交流室

開催場所の
住所

八代市鏡町鏡村363

開催場所への
問合せ先

電話番号 0965-52-0500

優先する
受講者の条件

県内の意欲ある農業者

担当講師

コニカミノルタ株式会社※    星野 康 氏
  東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー

                                             ファームアイ株式会社※※    山村 知之 氏
  大阪府大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー

※コニカミノルタ(株)は農林水産省平成26年度及び平成27年度「農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業」における連携プロジェクト参加企業

※※ファームアイ(株)は、上述のコニカミノルタ(株)とヤンマー(株)が平成29年10月1日付で、農業リモートセンシングのサービス事業会社として設立した合弁会社

講座の狙い

急速に進展するICT等の新技術を活用した低コスト生産技術や生産者の省力・軽作業化などを進めるスマート農業について学ぶ。
今回、研究事例(ドローンとセンサー技術等を活用した作物の生育状況評価の開発)を学ぶことで、利用場面を考える契機とする。

講座の概要

研究事例紹介
  「ドローンとセンサー技術等を活用した作物の生育状況評価の開発」
    コニカミノルタ株式会社      星野 康 氏
    ファームアイ株式会社      山村 知之 氏 

  1 「ISSA山形(Imaging System for Smart Agriculture for Yamagatga)」
    形成の経緯
  2 ドローンとセンサー技術等を活用した作物の生育状況評価の開発
    ・無人ヘリコプターやドローンによる空撮ノウハウ
    ・NDVI(Normalized Difference Vegetation Index)カメラの面評価による葉緑素値の測定
    ・SPAD値に基づく「ほ場のばらつきマップ」作製による可変施肥の実施
  3 将来展望

 

講座の時間配分

開会             13:30
挨拶・オリエンテーション
講義開始           13:45
講義終了           15:15
質疑応答           15:45

受講上の注意

・集合時間厳守
・できるだけ乗り合わせや公共交通機関をご利用ください。

受講料

無料

受講の可否
について

登録されたメールアドレスまたは郵送にて、開催日の約1週間前に申込者あてに通知します。

熊本の農業者の新たな学びを応援する くまもと農業アカデミー