1. トップページ >
  2. 講座バックナンバー >
  3. 平成25年度 後期(10~3月) >
  4. イチゴ「ひのしずく」の高収益生産技術

文字サイズ標準大きく

講座 - 詳細 -

平成25年度くまもと農業アカデミー各講座内容

コース

Ⅰ 最新栽培技術

講座番号

Ⅰ-⑦

講座名

イチゴ「ひのしずく」の高収益生産技術

定員

30名程度

開催日

25年 12月 5日(木曜日)

申込締切日

25年 11月 21日(木曜日)

開催時間

午後0時30分受付 午後1時~3時30分

開催場所
(会場名)

農業研究センター

開催場所の
住所

合志市栄3801

開催場所への
問合せ先

農業研究センター 096-248-6444

優先する
受講者の条件

県内イチゴ「ひのしずく」の生産者及びイチゴ「ひのしずく」栽培に意欲のある生産者

担当講師

熊本県農業研究センター農産園芸研究所
野菜研究室 田尻 一裕 氏

講座の狙い

熊本県で育成された良食味イチゴ「ひのしずく」の高収益生産技術及び高品質生産技術を紹介する。

講座の概要

①講義 1時間程度
  全国3位の生産量を誇り、本県でも施設野菜の主要品目であるイチゴは高品質、良食味等の消費者ニーズは強い。このため、食味評価の高い「ひのしずく」の高品質・生産安定技術を農業の新しい技術、研究成果情報等を要約して説明する。
・促成イチゴの新品種「ひのしずく」の育成(H16公表「農業の新しい技術」)
・「ひのしずく」の熱線遮断フィルム育苗により、苗の充実、花芽分化の安定が図られ、年内収量向上が図られる(H21公表「農業の新しい技術」)
・「ひのしずく」の低温暗黒処理を最適な処理条件(定植日、処理温度、最終追肥等)で行うことで、年内収量向上が図られる(H22公表「農業の新しい技術」)
・「ひのしずく」における栽培様式と収量性及び春期の作業性の改善(H25公表「成果情報」)

②ほ場で講義 30分程度

③質疑応答

 

講座の時間配分

開会 13:00
挨拶・オリエンテーション
講義開始 13:15
講義終了 15:00
質疑応答 15:30 まで

受講上の注意

集合時間厳守してください・筆記用具を持参ください。

受講料

無料

受講の可否
について

登録されたメールアドレスまたは、郵送にて11月28日前後に、申込者あてに通知します。

資料ダウンロード
写真(講座の様子)


 

熊本の農業者の新たな学びを応援する くまもと農業アカデミー